スマート駄目リーマンの忘備録

旅行記、キャリア論、世相分析など思ったことを書き連ねます

会社からの引き止め対処方法

辞めたい理由 

 慢性的なサービス残業。上司からのパワハラ&ロジハラ&アルハラに悩む。

→こうしたことは、そもそも違法行為なので正々堂々と辞めましょう。

 

 頑張っているのに査定が悪い

→二年ほど頑張ってもダメならば、あなたはその仕事に向ていない可能性が高いです。辞めて別の道を探した方が良いです。

 

パターン別、会社からのしつこい引き留め対処方法

 

・君は会社にとって必要だ。将来が有望だから敢えて厳しくしたなどの甘い言葉

 在職中、お前は無能だ。使えないなどと言っていたにも関わらず、退職を表明すると途端に手のひら返しされる場合があります。

 本当にあなたを評価しているならば、良い査定をして、在職中に金銭的に報いてくれるはずです。言葉はタダです。お金こそが本音です。甘い言葉に惑わされずに意思を貫きましょう。

 

・君が居てくれないとプロジェクトが回らなくて困る。次のプロジェクトが終わるまでいて欲しい。

 プロジェクト人員のやりくりは、そもそもあなたの仕事ではありません。上司が対処すべき問題です。余計な情は不要です。そこで、辞めるチャンスを失って次の会社へスムーズに転職出来ない最悪パターンは何としても避けましょう。

 

・とりあえず、次の出張の対応だけして欲しい。

 私も経験がありますが、その出張が曲者で、誰も行きたがらない割りの合わない出張である可能性が高いです。会社があなたを最後まで都合良く利用したい魂胆が隠れています。全力で断りましょう。次の会社の入社予定日や引っ越しに重なっており、無理だと言ってもいいかもしれません。

 

東証一部上場のうちの会社を辞めて、小規模な会社に勤める君の人生が心配だ。

 余計なお世話です。大手企業ではおそらく、裏で人事から退職引き留めマニュアルを渡されているのでしょう。

 とにかく会社や上司の都合ではなく、あなたの人生の為に会社を辞めない方が良いという親切心を盾にあなたを引き留めます。本心ならば、在職中に査定を上げろと言いたいですね。

 小規模な会社ならではのアットホームな環境や面倒見の良さが魅力、自分の性格に合っているなど、この会社では提供できないメリットを説明して納得させましょう。

 

・ここで辞めたら根性無しだぞ

 根性無し上等です。あなたの自尊心を削って、退職を阻止する最悪な方法です。こういう場合には体の不調を理由にしましょう。もう体力が限界で続けられないと訴えましょう。

 また、実家の親が病気になったと嘘をつくのも一手です。とにかく精神力だけでは続けて行けない不可抗力を盾にしましょう。

 根性無しという言葉に反応し、あなたが感情的になると大きなトラブルが起きる恐れがあります。冷静に受け流しましょう。

 

・「続けるんだろ」、「絶対辞めんなよ」と皆の前で恫喝

 私も経験ありますが、本当に最悪です。労働基準法以前に、恫喝や脅迫で刑事事件になり得る問題です。きちんと録音し、ひどい場合には弁護士に相談しましょう。

 

・待遇upを持ちかけられる。

 正直今更です。在籍中にきちんとした処遇をすべきですし、待遇upも口約束で実現されるか分かりません。毅然とした態度で断りましょう。

 

・君の希望の部署に異動させてあげるよ。

 本人に適性が無いと上司も分かっていたならば、もっと早く配置転換をしておけば良かった話です。上司はあなたのことを真面目に考えてくれていなかった証左であり、これも全力で突っぱねましょう。

 

・同じ部署の皆は苦しい中頑張っている。仲間を裏切るのか?

 自分の人生を大事にして下さい。むしろ辞めないことで自浄作用が働かずにブラックな環境が常態化している可能性も高いです。あなたが辞めることで、部署の待遇が改善される契機になる可能性もあります。自信を持って辞めましょう。

 

・転職ばかりしていたら、信用失うよ。

 これも余計なお世話です。あなたの人生は有限です。今の環境に不満を持ちながら、ダラダラ居続けるのは人生の無駄遣いです。また、技術職でスキルがあるならば、食いっぱぐれる心配は無いので大丈夫です。

 

会社の本音

 若くて、安くて、優秀な労働力をこき使いたい。これに尽きます。あなたが、会社から買いたたかれていると感じ、魅力的な転職先が見つかったならばすぐに辞めるべきです。退職するときに上記のようなしつこい引き留めに遭遇したということは、あなたに利用価値があり手離したくないことの証左です。次の会社でも十分通用します。

 

証拠の保全

 なるべく、メールを使用して、やり取りの証拠が残るように心がけましょう。密室で面談する際は、必ず録音し、違法行為がある場合には証拠にしましょう。

 

自分一人で対処出来ない

 弁護士の力を借りて下さい。弁護士は法的な観点で、事務的に会社とやり取りしてくれるので、情や圧力に負けて、退職を撤回することを避けることが出来ます。

 退職するあなたが感情的になり、会社とトラブルを起こしたら人生が台無しです。

しつこい引き留めに疲弊し、周囲を冷静に見れなくなる前に、専門家に相談して下さい。