スマート駄目リーマンの忘備録

旅行記、キャリア論、世相分析など思ったことを書き連ねます

理系男子の為のモテ力向上講座(基礎編)

彼女が欲しい 

 理系の男子諸君。こんにちは!!!学生生活は楽しいかい?一年生はどうだい?教室を見渡したら、女の子は見当たるかい?でも、高校生のころから付き合っている彼女がいる人は問題ない。しかし、高校で女の子と遊びに行った経験もない、現在彼女もいない、そこの君。この大学生の時点で頑張って彼女を作ってみよう。いやー俺は社会人デビューするから大丈夫っすって思っているかもしれないが、理系の君たちが就職するメーカーなどの開発職には今と同様、残念ながら女性は皆無だ。

 

理系に進んだ途端、その夢は打ち砕かれる

 高校時代、大学に合格したらテニサー入って、女の子と遊ぶんだっていう淡い希望を抱いて、受験勉強を頑張ったとしたら、本当に無念だろう。大学で学ぶ解析学や物理は高校の頃よりずーーーっと難しい。授業も難しい、実験のレポート書くので忙しい、課題も大変。そこで、文系に進んだ友達を見てみよう。暇な授業、楽な課題、緩い出席。そして学内には女の子が沢山。そこで彼女を作って、ハッピー大学ライフ。

 悔しくないか?君たちは真面目に受験勉強に取り組み、学生の本分である勉強に取り組んでいる。それなのにだ。文系の人たちに女の子をかっさらわれて、指を加えて見ているだけ。それじゃつまらないだろう。本当に理不尽だと思う。頑張っている人が報われなきゃいけない。私も理系でそんな境遇に甘んじてきたからよく分かる。こんなことで理系離れが起きて、日本を支える科学技術系人材が枯渇するのは、大変由々しき事態である。そこで私が、試行錯誤の上で身に着けた女性とのコミュニケーション理論を伝授しようと思う。

 

・見た目編

 声をかけても警戒されない最低限の見た目は絶対に必要。BMI25以上の人は筋トレと有酸素運動でBMI22以下、体脂肪率20%以下を目指そう。水泳が手っ取り早くてお勧め。50mを全力で泳いで、少し休んで全力で泳ぐ。それを10本。その後に500m~1000mを軽く流して泳ぐ。これを週二回~週三回行う。一か月もすれば体形が大きく変化するだろう。泳げない人は腕立てやスクワットを50回くらい行ってから、2kmくらいランニング。腕立て伏せが楽にこなせるようになったら、公園の鉄棒で懸垂にチャレンジ。10回が軽くこなせたらOK。

 洋服は自分で選ばずに、店員さんに選んでもらおう。とりあえず3パターン位揃えたらOK。顔にニキビなどの吹き出ものがある人は皮膚科を受診するのが手っ取り早い。あとはビタミンCのサプリメントの摂取がお勧めだ。

 

・コミュニケーション編

 理系でありがちなのは、自分が知っていることを一方的にペラペラしゃべって、それを聞いている人たちがいつの間にかドン引きしているパターンだ。それは絶対に避けなければならない。とりあえず聞くのを九割くらいでいい。女性は基本的にしゃべりたい生き物だ。とりあえず聞いてくれるだけで好感度はおのずとupする。

 聞くということが出来るようになったら、今度は会話のキャッチボールだ。まずは心理的ラポールの形成が第一段階。例えば共通の趣味(テニス、旅行など)が無いか聞き出し、それについて一緒に深堀しよう。そうすることで、共通の趣味の話題を通じて、君と女の子の間に心理的なブリッジが形成される。間接的、瞬間的ではあるが、君と女の子の気持ちはつながっているんだ。そのブリッジを太く、長くしていくことが関係性を発展させるのに非常に重要。それが出来るためには普段から様々なことに興味を持つことだ。今まで、あんまり読書をしなかった場合には大学時代に様々なジャンルの読書をすることを強く推奨する。大学時代に沢山読書しておくと、その後の人生に躓いたときに時に助けになる。特に小説は、それを通じで主人公の人生を疑似体験できる。そうした疑似体験を沢山しておき、自分が主人公だったらどうしただろうと考える癖をつけておくと良い。

 

・フィジカル編

 またスポーツに真剣に取り組んだことが無かった人はなんでもいいので、取り組んでみよう。別に学内に部活やサークルじゃなくても構わない。ただし、漠然とやるのではなくうまくなろうと考えてながら、努力することだ。例えばテニスを例にすると、サーブが思ったところよりも遠くに飛んでしまう。それであれば、トスを少し低くしてみる。次はネットにかかってしまった。そしたら、トスを元に戻して、角度をつけてボールをたたいてみる。こうしたPDCAを繰り返す。

 こうしてスポーツで培ったPDCAはコミュニケーションに活きてくる。自分が話している時に相手が首をかしげる、つまらなそうな表情していないかモニタリングし、それに応じて話題を微修正していける能力に繋がる。

 

人間性

 友達と一緒に旅行に行ったり、飲み会を開催する時は積極的に幹事を引き受けみよう。面倒くさいが、計画を立てて、見積して、検収する活動を通じて、段取り力、マネージメント力が培われる。デートを計画する時にも役立つ能力だ。デートの段取りの悪さは、大きな減点要素になる。

 

最後に一番大切なこと

 そろそろ、もっと具体的な手法を教えてくれと思う人もいるだろう。俺の人間性をもってすれば、そんなことは不要だと思うだろう。しかし、上記の基礎的な条件をクリアできないと人間性を見てもらう前に試合が終了してしまう。特に理系男子は異性と出会うチャンスが限られているので、その数少ないチャンスを確実にモノにする必要がある。

モテテクニック本で盲点となるのは、表層的なモテテクニックを追求するあまり、個人の人間力を高めることを疎かにしてしまいがちなのだ。上記のことを地道にこなせば、城咲仁氏のいうところのヒキの強い男性になれる。これはドラゴンボールで例えればカリン塔に登り、猫と闘って聖水を手に入れることに等しい。聖水を飲むと強くなれるという触れ込みだが、実は聖水はただの水なのだ。諦めないで聖水を手に入れる過程で、肉体的、精神的なレベルが向上しているのだ。まずは己の人間力の向上に注力してみて欲しい。そしてこれは就職活動や会社員生活でも必ず活きてくる。理系の専門科目の習得と並行して、是非取り組んで欲しい。次回は実際にどうやって声をかけるのか、どうやってデートに持ち込むのかについて実践的な内容を解説していく。

いつものショッピングでポイントがダブルで貯まる!ポイ活ならモッピー