スマート駄目リーマンの忘備録

旅行記、キャリア論、世相分析など思ったことを書き連ねます

駄目な上司の見極め方

 

 

上司との付き合いは避けられない

 サラリーマンであるならば、上司との付き合いは絶対に避けられません。上司と意気投合して、スムーズに仕事を進められれば理想ですが、現実は厳しいです。

 ここで、駄目な上司の見極めポイントを列挙してみたいと思います。

 

見極めポイント

感情のコントロールが出来ない

 普段は穏やかで優しい人でも、自分の思い通りに行かないとキレる人は要注意です。普段は良い人なので、パワハラをしていても、それが顕在化しにくく、問題が長引く可能性があります。

 具体的に一緒に車に乗った時に、別の車の運転手にキレる人や、アクセルを強く踏み込むような人は要注意です。

 

自己中

 これは非常に分かりやすく、自分からかけた電話に出ないと怒るくせに、相手から電話がかかっていて、出れなくても気にしない人は十中八九自己中ですね。

口だけ

 営業が設定した無茶な納期で、開発現場が疲弊している時に、当時の課長は納期を調整するように営業部長に言っておくわと威勢よく口にしました。

 しかし、待てど暮らせど納期の変更はありません。その課長が出席していた会議に同席していた開発部員によると、あの課長は会議で何も発言せずに隅っこでシコシコとメモ取っていただけだったよと証言していました。つまり、口だけ。

 それならば、俺の力が至らず、君たちに負担をかけてすまないと正直謝ってくれた方がどれだけ良かったか。期待した分落胆は大きかったです。

 

部下がやるべき仕事をしている(マネジメントから逃げている)

 製品の出荷検査で不具合が見つかり、予定通り製品を出荷出来ない事がありました。当該部署の課長ならば、真っ先に営業からの矢面に立って、説明を行い、開発部には再出荷に向けた陣頭指揮をとらなければならない筈です。

 しかし、当時の課長は部下に紛れて不具合製品の手直し作業をコソコソ行い、説明責任、陣頭指揮責任を完全に放棄していました。 

 

取引先やお客様への謝罪を部下に押し付ける

 これもアルアルで、不祥事の責任を取って謝罪をするのは管理職の筈なのですが、それを部下に押し付けるズルい人が一定数いるんですよね。しかもあたかも部下の責任で不祥事が生じたように取り繕って、部下の責任感を煽るとか本当に最低の上司がいましたね。

 

まとめ

 正直、上司や管理職に優れた人間性を期待すると裏切られますよ。部下は上司を勝手に慕っているかもしれませんが、上司なんて部下を都合よく利用して、自分が得する事しか考えていない事がほとんどです。

 

長い春休み(東日本大震災からの逃亡 帰還)

岡山で再出発を決意

 バンコクの友人宅に戻り、情報収集をしたところ、岡山は災害が少なく、暮らしやすいようであった。また岡山では大学のOB会の活動が活発なようであったのも、心強く感じた。

 とりあえず、関西国際空港行きの航空券を手配し、そこで落ち着いてこれからの事を考えようと思った。

ささやかな送別会

 私が二日後に日本に帰国し、岡山で再出発を図る旨を友人に告げると、近所のレストランでささやかな送別会を開催してくれた。レストランで食べる最後のチキンライスの味が舌に染み渡った。

 

感謝の気持ち

 友人には非常にお世話になったので、最終日に友人が仕事に行っている間に友人の部屋の掃除、洗濯を行い、せめてもの感謝の気持ちを行動で示した。

 

別れ

 飛行機の出発は深夜だったので、仕事から戻った友人が最寄り駅まで送ってくれた。

別れ際、最後に固い握手を交わした。友人の強い握力にこれからがんばれというエールの気持ちを感じた。

 

帰国

 深夜のタイ国際航空に乗り込んだ。日本に帰国してから再出発できるのかという不安今の会社にどうやって謝罪しようかという悩みなどが交錯し、飛行機では一睡も出来なかった。

 飛行機の椅子にモニターが無かったので、映画で気分を紛らわすことも出来なかった。あてどない不安感を抱えながら、窓から空をボーっと眺めていた。

 飛行機は早朝に関西国際空港に降り立った。パイロットの操縦が下手で、着陸後に前輪が何度かバウンドした。

 これからの私の日本での生活の前途を予見させているかの様であった。

 

 

ベンチャー企業へ就職する際の注意点

 

 

心を新たにベンチャー企業へ挑戦

 特に日系の大手企業の硬直的な制度や面倒な人間関係に嫌気がさして、ベンチャー企業に入社する人も多いことだろう。

 ベンチャー企業は、まだ設立間もないので、人間関係もフレッシュで、評価システムも公平だろうという期待を抱くであろう。

 サイバーエージェントのようにベンチャー企業から大手に躍進する姿に心を躍らせて、自分も会社と一緒に成長したいという希望もあるだろう。

ベンチャー企業の実態

 しかしながら、ベンチャー企業の10年後生存率は1割ほどであり、会社と一緒に自分が成長できるどころか、そもそも、その会社が5年後に存続しているどうかも怪しいのが実態である。成長はおろか、現状維持に腐心することの方が多い。

実はズブズブな人間関係

 ベンチャー企業の設立背景を調べると、学生時代に同じ研究室の仲間や学生団体の仲間と意気投合して設立。前職のキープレーヤーたちがスピンオフして設立。前職の業界内のつながりで、気に入った仲間を引き抜いて設立。大体が、こんな感じである。

 大抵のベンチャー企業は、設立時に主要な役職の人間関係が既に出来上がっている状態である事が多い。 

 つまり、中途でその会社に入社しても、中核人事の人間関係は既に出来上がっており、そこで出世するのは、中途採用では実力があっても意外と難しいかもしれない。

 社長も人間である以上、採用時には完全実力主義と謳っていても、共同で会社を立ち上げた古参メンバーをどうしても贔屓してしまいがちになる。むしろ評価の不透明性は大企業より大きいかもしれない。特に社長秘書などは、業務能力など度外視で、男性社長が気に入った女の子を採用するなんて、ザラである。

 また、社長の側近のナンバー2は社長の機嫌を損ねないように常にヨイショしなければならず、気苦労が絶えない。テレビドラマのように膝を突き合わせて、熱く意見を交わすことなど不可能に近い。ナンバー2は社長のイエスマンにひたすら徹するのだ。

福利厚生は絵に描いた餅

 ベンチャー企業にありがちで、今は未整備だけど、二~三年後には~の福利厚生を整備する予定だと面接時に聞かされるが、現在整備されていない福利厚生はこれからも整備されない可能性が非常に強い。

 特にベンチャーはスケールアップが第一優先なので、内部留保を既存社員に還元せずに新たな社員の採用や新たな事業所の設立に回しがちである。

 

会社のキーマンに気に入られるかどうか

 つまるところ、創業時に会社のキーマンに気にいられて、中核メンバーになり、おいしいポジションをGetできるかが、ベンチャーで成功できるかどうかの運命を決めると言っても過言ではない。上記の様にむしろ大手よりも実力主義ではない部分も多い。

 

まとめ

 SNSなどでは、スタートアップに入社して、会社と一緒に成長などと言ったきらびやかな言葉が並ぶが、実情は以上で述べた通りである。

 完全実力主義のフラットな環境を真に望むのであれば、小規模でも良いので自分でビジネスを立ち上げる事が近道である。

 現在は個人投資家として株の売買をしたり、ウーバーイーツをしたり、アニメのグッズを高値で転売するなどして儲けている人は数多くいる。

ウーバーイーツ日焼け対策(サンバイザー)

過酷な直射日光

 夏の配達で一番にネックになるのが、紫外線対策です。多くの人は日焼け止めクリームを塗ったり、ドライメッシュの長袖を着て、対策を立てています。

 しかし、肝心の目や顔の紫外線対策はおざなりになっていないでしょうか?

サンバイザーで一石二鳥

 私は当初、眼鏡の上にサングラスをかけて、顔に日焼け止めを塗りたくってました。しかし、眼鏡の上からのサングラスは、ずれやすい。顔に塗った日焼け止めクリームが、汗と混ざってベトベトニなり、気持ち悪くなるという理由で、数回試して断念。

 ちょうどその時、自転車に乗ったおばちゃんが、サンバイザーを装着していたのを目にしました。ちょっとカッコ悪いかもしれないけど、これだと思い立ち、さっそくサンバイザーを購入。(1800円)

最近のサンバイザーはおしゃれでスタイリッシュなブルーの色のものもあり、一昔前のサンバイザー=おばちゃんという図式は大分無くなった印象です。

快適すぎる

 サンバイザーのおかげで、日焼け止めを顔に塗る手間も、汗と混じる気持ち悪さからも解放されました。そして、何より紫外線から顔全体を守ってくれるので非常に快適です。紫外線による目の疲れも全くなく、サングラスと同等の効果だと感じました。

逆光に注意

 ただ一点だけ、注視しなくてはならないのは逆光が強いときに若干視界が悪くなるので、交差点進入時の逆光には要注意です。しっかりと視界に気を配りましょう。

まとめ

 2000円弱で、紫外線から目と顔を保護出来て非常にお得です。特に目は紫外線に長期間さらされると将来的に緑内障に罹患するリスクもあるので、しっかりと保護しましょう。価格が安いので、ダメもとで一度試してみることをお勧めします。

 特に何も対策してこなかった人が装着すると目の疲労感が圧倒的に軽減されること間違いなしです。

 

 

 

長い春休み(東日本大震災からの逃亡 スコータイ編)

バンコク→スコータイ

 チェンマイから一度バンコクに戻り、バンコクから鉄道でピッサヌローク駅を目指した。そこで、トゥクトゥクを捕まえて、最寄りのバスターミナルへ。そのバスターミナルからスコータイを目指した。

 スコータイはアユタヤと違って、鉄道で一直線に行けないことが難点であった。しかし裏を返すとアクセスしにくいが故に、観光客でゴッタ返しておらず、落ち着いているという長所にもなり得た。

スコータイ遺跡

 宿はスコータイのバスターミナルにほど近い適当な宿を選んだ。翌朝、天気が曇りの中でスコータイ遺跡を目指した。

 スコータイ遺跡世界遺産に登録されているにも関わらず、アユタヤに比較して観光客が少なく、静寂に包まれた中、のんびりと遺跡を堪能することが出来た。 

 

 遺跡を巡っている途中で、突然スコールが降ってきて、服はずぶ濡れであったが、遺跡の雰囲気が非常に良く、そのスコールさえもいつしか心地よさに。

 

 会社に何と言って戻ろうか、悶々としていたが、慈愛に満ちた仏像に目を向けると、「君は生きているんだから、いくらでもやり直しが出来るよ。なるようにしかならない。流れを行け入れなさい。」と諭されたような気がした。

 

 なんて素敵な遺跡なんだ。ここにいると不安や迷いが全て安らぎへ昇華されていくような気がする。ずっとここにいたい。

 遺跡の雰囲気を心置きなく堪能していると、スコールは止み、ほのかな陽光が遺跡を照らしだした。

バンコク

 スコータイ遺跡を堪能した後は、直通バスでバンコクに戻ることにした。バスの車窓からの田園風景が非常に美しく、バスよ止まってくれと何度思ったことだろうか。

バンコクのバスターミナルに到着し、そのまま友人宅へ戻った。友人には二日後に日本に戻ることを伝えた。

 近所の格安チケットショップでタイ航空の大阪行きの航空券を購入した。

 

 

ドイツワールドカップ観戦記(スペイン対フランス)

 

 

ハノーファー

 スペインの決勝トーナメント一回戦が開催されるハノーファーへ移動。ハノーファーは国際見本市が開催されることで有名な都市だ。

 ハノーファーでは残念ながら安いユースホステルに宿泊出来ず、個人経営のペンションに宿泊した。

破竹の勢いのスペインとフランスの戦い

 開場に到着すると試合前の異様な熱気に圧倒された。グループリーグ全勝とあってスペイン人サポーターの期待はおのずと高まっていた。

会場周辺のバーでは、スペイン人サポーターが酒をくらい、試合前には出来上がってしまった人たちが多数であった。

 しかしながら、サポーターの熱気とは裏腹にドイツワールドカップで結果的に準優勝に上り詰めたフランスが相手とあって、大分精彩を欠いた試合内容であった。

 スペインのグループリーグでの勢いはすっかり影を潜めてしまっていた。スペインが不調というよりもフランスが強かったと言って良いだろう。ジダンの良さが思う存分に発揮された試合だった。

 結果は1-3で敗北。無敵艦隊スペインはハノーファーで潰えた。

youtu.be

 グループリーグでいつも席が隣であった眼鏡をかけたスペイン人も、試合後にはがっくりと肩を落とし、うなだれた様子であった。

長い春休み(東日本大震災からの逃亡 チェンマイ編)

 

 

ウボンラーチャターニー→バンコクチェンマイ

 ウボンラーチャターニーからバンコクに戻り、バンコクの友人の家で洗濯をしてチェンマイに向かった。流石に度々友人の家にお世話になるのは気が引けたのである。

チェンマイはメイドを雇って優雅な暮らしを謳歌している日本人が多いことでも有名です。

チェンマイ

 バンコクから寝台列車で、チェンマイを目指した。チェンマイは城塞都市の様で、街が壁で囲われていたと記憶している。町は過ごしやすく、年金暮らしの日本人が多く住み着いている理由も納得できた。

 

自然探索ツアー

 タイに来たからには一度は象に乗ってみたかったので、ツアーに象に乗れるオプションのある二泊三日の自然探索ツアーに申し込んだ。

 そのツアーには名古屋に住む医学部在学中の日本人も参加していた。彼は旅での気付きを小まめに日記に書き起こしていた。感受性と観察力が非常に豊かな若者だった。

 その彼と時折コミュニケーションを取りながら、ツアーを楽しんだ。ツアーでは、自然の中でキャンプを張った。そこで、火を起こして、カレーを作り、それを取りながら、各国からの参加者との雑談に花が咲いた。

 日本人から来た彼はギターが弾けたので、添乗員が持ってきたギター片手に、日本の歌謡曲を口ずさんでいた。

 ツアーではキャンプ、川下り、象への搭乗を楽しんだ。今まで見るだけの旅行であったが、このような体験型の旅は初めての経験で非常に新鮮であった。

 

チェンマイの次は?!

 体験型ツアーを楽しんだ後、どこを訪れようか思案した結果、スコータイに行くことにした。タイへは陸路での入国なので、ビザは10日しかなく、チェンマイを三日間楽しんだ後に、スコータイを訪れて、バンコクに戻り、日本へ帰国しようと考えた。

 インターネットでニュースを見たところ、どうやら福島原発は幸いにも小康状態を保つに至ったようであった。とりあえず原発が落ち浮いている間に宮城の会社に戻り、一か月だけ出社して、退職の為の引継ぎや手続きを行おう。